動脈硬化とは?

動脈に中性脂肪やコレステロールが溜まることによって、血管が詰まり、硬くなることで弾力性や柔軟性が弱くなる状態を「動脈硬化」といいます。動脈硬化になってしまうと血液の循環が悪くなってしまいます。

 

動脈の弾力性や柔軟性が良ければ、心臓や脳などの臓器や体のいたるところにある筋肉の組織が必要とする酸素や栄養をしっかりと供給してくれます。しかしコレステロールと呼ばれている「血液の脂質」が、動脈に溜まることで、酸素や栄養が不足することにより高血圧になる可能性があります。

 

すると、血管に負担をかけた状態が続くことにより、動脈は弾力性や柔軟性をを失い硬くなるばかりか、もろくなってしまう危険性があります。こういった状態を「動脈硬化(どうみゃくこうか)」と呼んでいます。

動脈硬化が進むと、日本人の死因の大きな要因となる心疾患(狭心症や心筋梗塞)、脳血管疾患(脳卒中や脳梗塞、脳出血)を引き起こす可能性が考えられます。

 

動脈硬化の原因

 

動脈硬化は、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどといった生活習慣の違いなどにより、体に影響する程度は変わるのですが、仮に、動物性脂肪の多く含まれた高カロリーの食事ばかりを摂っていると、血液中の「悪玉コレステロール、中性脂肪」が増えることにより、過酸化脂質を増加させてしまいます。

 

こういったものが血管壁に貼りついて血管内を詰らせたり、血管に損傷を生じさせる引き金になってしまいますので、動脈硬化発症の危険要素には注意をし、生活習慣を見直すことによって、動脈硬化を予防することができるのではないでしょうか?

 

動脈硬化の危険要素

 

高血圧脂質異常症(高脂血症)

 

糖尿病、肥満、喫煙、運動不足、偏った栄養バランスの食事(動物性脂肪の多い高カロリー食など)、アルコール、加齢、ストレスなどが主な危険要素になります。

 

悪玉コレステロールの増加による原因

 

増えた悪玉コレステロールによって血管壁が傷つき、その隙間に入り込んでしまうと白血球が悪玉コレステロールを排除した際の残骸が血管壁に付着して、血管を狭くすることで動脈硬化のリスクが生じます。

 

善玉コレステロールの減少による原因

 

善玉コレステロールには、不要な悪玉コレステロールを回収して、肝臓に戻す働きがあるのですが、善玉コレステロールの減少することで、悪玉コレステロールの回収スピードが鈍くなってしまい血管に悪影響が出てしまう危険性が高くなります。

 

高血圧による原因

 

高血圧が長い期間続くことで血管の負担が増えてしまい弾力が弱くなると悪影響が出る可能性があります。

 

中性脂肪による原因

 

高血圧や加齢などにより、血管は少しずつですが傷ついていきます。この傷が大きければ大きいほど、悪玉コレステロールが血管壁の内側に多く入り込んでしまうのです。

 

中性脂肪自体が動脈硬化を悪化させるわけではありませんが、中性脂肪には悪玉コレステロールを小さくする働きがあるのですが、悪玉コレステロールは侵入することが難しいわずかの傷の隙間にも入ってくることから動脈硬化を進行させてしまうようです。

 

高血糖による原因

 

血糖コントロールの指標でもある「HbA1c」が上がると、早朝から血圧が上昇し、血管障害を起こしやすいことが考えられます。

 

肥満(内臓脂肪型肥満)による原因

 

脂肪細胞が中性脂肪を多くため込むことによって、肥大化してしまい、自然なホルモン分泌のメカニズムが狂い、悪玉ホルモン「TNF-α」が分泌されてしまいます。

 

年齢と共に血管は硬くなり、もろくもなることで、コレステロールが血管にたまって狭くなる確率が高くなるようです。しかし、TNF-αにより血管壁に炎症が起きてしまうことで動脈硬化が進行して心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上昇してしまいます。

 

しかも、インスリンの効きが悪くなってしまうことで、血糖値が下がりづらくなってしまうことから糖尿病の引き金となってしまうかもしれません。

 

内臓脂肪は皮下脂肪と比較しても悪玉ホルモンを分泌しやすいことから、内臓脂肪型肥満がより動脈硬化になりやすいといわれております。

 

喫煙による原因

 

国立がん研究センターの研究においてはタバコを吸っている方は、狭心症や心筋梗塞という虚血性心疾患のリスクが高いと言われています。喫煙のせいで動脈硬化が促されて、虚血性心疾患の発症リスクが増えるとのことです。

 

加齢による原因

 

動脈硬化は加齢とともに進むため、一種の老化現象とも言えるのではないでしょうか。ですが、動脈硬化は急に症状が出始めるわけではなく、若い年代から発生して40歳を過ぎる頃に目に見える症状が出てくることが多いと言われています。

 

結局のところ、動脈硬化の予防をするには年齢の若い頃から始める必要がありそうですね。

 

若い方は「早い段階から」、年齢を重ねられた方は「今、この時から」、動脈硬化の原因となる生活習慣を改善してみてはいかがでしょうか?

 

 

トップページに戻る

おすすめ