どうして、無添加の天然水をおすすめするのでしょうか?

「体に良いから」という理由で普段から飲まれている方も多い「ミネラルウォーター」なのですが、実は、ミネラルウォーターの表記ラベル(原料表示)には決まりがあることをご存知でしたか?

 

水によって表記方法が違いますので、必ずラベルの「品名」の所をチェックして見てくださいね!

 

飲食用の商品には必ず「表記ラベル」(表示ラベル)が記載されていますが、水もその例外ではありません。

 

食料品の場合には、原料配合率の高い順から表記と原料の産地等が記載されているのはご存知かと思いますが、
水の場ですと原材料は「水」なのですが、「採水地」等の記載がされています。

 

今回注目して欲しい所は「品名」の部分になります!

 

それは何故かといいますと、この「品名」の表記を見て頂くだけで、どの様な水かが一目瞭然でわかってしまうからなのです。

 

大きく分けて3種類なのですが、十把一絡げで見てはだめなのですよ!

 

◎ナチュラルミネラルウォーター
→無添加の天然水を加熱殺菌したものにだけに表示がされている。

 

○ミネラルウォーター
→添加物を人工的に入れても良いとされている水

 

△ボトルウォーター
→水道水などに添加物を入れても良いとされている水

 

上記の3つに分類されて表記ラベルに表示されています。

 

という事は!

 

無添加で天然の”ナチュラルミネラルウォーター”を選ぶ時には、どの表記の水を選べばいいのか?

 

もうおわかりですよね!!

 

実は、人工的に添加されたミネラルですと、体に吸収されにくいといったデメリットがあります。

 

残念ながら「水素」も人工的に添加されたものですと、時間の経過と共に水素が外へ抜け出してしまうといった欠点がどうしても否めません。

 

しかし、無添加の天然水を選ぶことで体に吸収しやすいミネラルを補給する事が可能になりますし、水素に関しましても、時間や温度等で水素の含有量の変化もあまり変わらないと言われております。

 

希少ミネラルの含有量が多い天然水を選びましょう。

 

無添加の天然水も結構たくさん存在していると思うのですけれど、一体度の天然水を選べばよいのかわからないとおっしゃる方も多いと思います。

 

そこで、これは一つのご提案なのですが、せっかっく「無添加の天然水」を飲まれるのでしたら希少ミネラルの含有量が多い天然水を選んでみてはいかがでしょうか?

 

例えば、「コラーゲン」は、お肌に”よい”とされていることは多くの方がご存知かと思われます。

 

しかし、ある成分?が多く含まれた無添加天然水を選んで補給してみるというのはいかがでしょうか?

 

仮に、「コラーゲン」だけをどれだけ摂取しても”ある成分?”が不足していますと、コラーゲン本来の効果があまり期待できないと言われております。

 

実は、ある成分?とは「シリカ」(ケイ素)の事なのですが、髪の毛から爪や肌、歯や血管、軟骨、骨など全身を構成に関わるケイ素が不足する事で、どれだけ有効な成分を補給したとしても効果が期待できないと言われており、体内では決して生成する事が出来ない美容と健康にとても大切な成分になります。

 

しかも、「シリカ」(ケイ素)は、コラーゲンの働きを助ける相乗効果を担ってくれますから、普段からコラーゲンをよく摂り入れている方にはとても強い味方になる事でしょう。

 

「水溶性のシリカ」は、発がん性や毒性が一切ありませんから安心してお飲みいただけます。

 

これはほんの一例でして、無添加天然水をおすすめする理由は一つだけではありません。

 

ほかにも様々な相乗効果が期待されていますので、また別の機会にご紹介したいと思います。

 

\「のむシリカ」を試してみる!↓/
専門家が支持する世界トップクラスシリカ水【のむシリカ】

おすすめ